HOME > バーコードのまめ知識> バーコードの色について
Loading
まめ知識
「バーコードについて」の
まめ知識

「クロスメディアについて」の
まめ知識

「その他」のまめ知識

サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください

バーコードのまめ知識
バーコードの色について
バーコードのバーに黒以外の色を使っていいのか?
結論から言えば可能です。 シンボルの刷り色は白地に黒いバーが最適ですが、黒白以外の色も使うことができます。 ただし背景、バーの使う色ともに制限があります。

バーに使える色
黒、青、濃紺、濃緑系統の色など
背景に使える色
白、赤、黄、橙系統の色など

なぜ決まりがあるのかといえば、バーコードの読み取りの仕組みに関係があります。
バーコードでは反射したところ(白い背景)と光が吸収する部分(黒いバー)を受信してアナログ波形を得ることで数字を読み取っています。

そして、バーコードリーダーは一般的に赤色のLEDやレーザー光を使っていますので、赤い色を吸収しやすい色、例えば、黒、濃紺、濃緑などでバーを作成する必要があります。
逆に赤い光を反射しやすい色(白、黄、橙など)が背景に適している訳です。
もしバーを赤色、背景を青色というようにするとバーコードは読めなくなりますので、配色にはご注意下さい。

また、バーコードにアミは使わないで下さい。
読み取りの間違いが起こる可能性があるので、灰色にしたい場合はグレーの特色を使って下さい。


なお背景は色だけでなくまた、銀色の下地など、表面に光沢があるものは非常に読み取りにくくなりますので、できるだけ避けた方が良いと思われます。
ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第4号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)

お問い合わせ・お見積り サンプル請求 FAXでお問い合わせ