重 要 印刷ネットドットコム 便利シール屋さんへ引越しのお知らせ
  •  高まる利便性  カートで様々な商品の同時購入、履歴からの再発注が簡単に、スマホタブレット対応、ポイントシステム導入、Paid(ペイド)後払い決済導入
  •  商品引越し予定  バーコードカテゴリ(9月上旬予定)   引越し完了 ナンバリングカテゴリ、便利シールなど
  •  会員様引継ぎ完了  印刷ネットドットコムでのご注文が可能(ID:メールアドレス/パスワード:現在と同じ(ログイン後変更推奨))
HOME > まめ知識> バーコードの表示位置
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
バーコードの表示位置

表示位置が決められているバーコード
バーコードの中には表示位置が厳密に決められているものがいくつかあります。
今回はそのバーコードをご案内します。


標準物流バーコード(ITF)
下辺のベアラバー上端から箱の底辺までの間隔:32±3mm
左右どちらかのベアラバーの端から箱の端までの間隔:19 mm以上

標準物流バーコード(ITF)の表示位置の図

書籍バーコード
原則としてバーコードの位置は本の上(天)から約10mm
横は背から約12mmとなるように貼ってください。
書籍バーコード表示位置の図

雑誌バーコード
表示位置は基本的に表4下段の背寄りで、
右開きの場合はバーコードと雑誌コードの間隔は5mm以上
雑誌コードと背の間隔は15mm以上と規定されています。
バーコードの高さは15mmを標準とし、製本時の断ち落としによる欠損などを考慮して
実効12mm以上の確保は必須とされています。

雑誌バーコード表示位置の図


コンビニ収納用の領収書のバーコード (コンビニバーコード44桁固定長GS1-128)
バーコードはクワイエットゾーンの左右空白を含み全長60mm以内
バーコードの高さ10mm以上

詳しくは流通システム開発センターの標準料金代理収納ガイドライン(PDF 2.0MB)をご覧ください

その他バーコードについて
その他のバーコードには特に位置の決まりはありません。
シールであればできるだけ平面に貼るようにしてください。湾曲した面・折れ曲がる角などでは正しく読み取りしないことがあります。 円筒形商品に貼りつけるときの注意点

読みづらい場所や隠れてしまう場所へのバーコードの表示は避け、誰の目にもつきやすいパッケージの四隅等、わかりやすい場所に表示することが一般的です。

ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)