商品引っ越しのお知らせ   楽々リピート、スマホからさくっと印刷ネットドットコム 便利シール屋さん
HOME > まめ知識> 冷凍用シールについて
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
冷凍用シールについて

極低温に適した素材の選択
シール基材は、基本的には「表面基材」「粘着剤」「剥離紙(セパレーター)」の3層で構成されています。 この3要素の組み合わせは、使用目的や用途によって異なりますから、選択に際しては次のような事項を十分検討する必要があります。

  • どんな用途で使用するのか?
  • 貼る場所や材質は?(凹凸面・曲面・繊維など)
  • 使用環境は?(屋内・屋外・湿気・温度など)
  • 一時粘着か永久粘着か? ・使用期間はどのくらいか?

例えば、水分のある所で保管する商品なら耐水性のある素材を選択する必要があります。
冷凍・冷蔵食品などに用いるシールの場合は、当然ながら冷凍・冷蔵庫などの極低温にも耐える素材を選択する必要があります。


表面基材はミラーコート紙
表面基材は大きく分けて「紙系」と「フィルム系」があります。
紙系では上質紙・アート紙・ミラーコート紙、フィルム系では合成紙・PETなどが代表的です。

このうち冷凍・冷蔵食品用のシール基材には、紙系ではミラーコート紙、フィルム系では合成紙が多く用いられます。

ミラーコート紙は、上質紙の表面に顔料をコーティングした用紙で、アート紙よりも強い光沢と平滑性があり、食品のラベルやシールに多く使用されています。
また、多少撥水性もあり冷凍用糊とも好相性です。
合成紙はプラスチックを主原料にしたもので、天然の紙の特性である白さ・不透明さ・印刷適性と、耐久性・耐水性といったプラスチックの特性を併せ持っています。

コスト的にはミラーコート紙の方が安価で、【バーコード屋さん】の「冷凍食品用シリーズ」もミラーコート紙を採用しています。


耐冷性に優れた冷凍用糊
一方、粘着剤はシールを恒久的に貼っておくのか、あるいは後で剥がす必要があるのか、または一度剥がしてまた貼り付ける必要があるのかによって、「永久接着(強粘着)タイプ」「再剥離(弱粘着)タイプ」「再貼付タイプ」に大別することができます。
永久粘着タイプには、超強粘着・強粘着・ラミ用強粘着・冷凍用・タイヤ用などがあります。

さらに粘着剤の糊質は、表面基材やシールを貼る相手(被着体)の種類、使用環境などによっても変わってきます。

冷凍・冷蔵食品用の粘着剤としては、永久接着タイプの一種である「冷凍用糊」が最適です。 名前の通り耐冷性に優れた糊質をしており、冷凍庫などの極低温下で保存しても粘着力が低下しないため、そう簡単にシールが剥がれることはありません。

言うまでもないことですが、【バーコード屋さん】の「冷凍食品用シリーズ」も冷凍用糊を採用していますので、極低温下でも剥がれにくい仕様になっています。


冷凍食品の品質表示
ここまで冷凍食品用シールの紙質と糊質について説明してきましたが、そのシールへの表示内容となると用途によって多種多様です。
バーコードと商品名のみの表示もあれば、さらに価格や社名などをプラスして表示することもあります。

また、食品には消費者がその食品の品質を判断するための「品質表示基準」が定められていますから、冷凍食品の場合は冷凍シールを使って品質表示をするという方法もあります。

この食品の表示に関しては、JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)や食品衛生法のほかに、不当景品類及び不当表示防止法、計量法などがあります。

JAS法と食品衛生法は、主として「食品の安全確保」の目的からそれぞれの食品について必要な事項が決められています。

JAS法では、生鮮食品であれば「名称」や「原産地」、容器包装に入れられた加工食品であれば、「名称」「原材料名」「内容量」「賞味期限又は消費期限」「保存方法」「製造者の氏名及び住所等」を表示することが義務付けられいます。

そして加工食品の場合、品質表示に用いる文字については次のように規定されています。

『表示に用いる文字は、日本工業規格Z8305(1962)に規定する8ポイントの活字以上の大きさの統一のとれた活字とすること。
ただし、表示可能面積がおおむね150cu以下のものにあっては、日本工業規格Z8305(1962)に規定する5.5ポイント以上の大きさの活字とすることができる。』

【バーコード屋さん】の「冷凍食品用シリーズ」のうち「冷凍55-10」(W 55mm×H 49mm)は、JAS法や食品衛生法に定められた記載事項と文字サイズに準じた表示のシールを作成できますので、安心してご利用いただけます。


「冷凍食品用シリーズ」の概要
さて、このメールマガジンの冒頭でもご案内しているように、このたび【バーコード屋さん】に「冷凍食品用シリーズ」が新登場しました。

そのシール基材と食品の品質表示に関しては前述した通りです。 ここでは、そのほかの特徴などについて紹介させていただきますので、「冷凍食品用シリーズ」をご利用いただく際のガイドブックとしてご活用ください。

【用途で選べる3サイズ】
  • 「冷凍35-2」(W 35mm×H 20mm)
  • 「冷凍46-3」(W 46mm×H 26mm)
  • 「冷凍55-10」(W 55mm×H 49mm)
の3サイズが揃っています。

【レイアウトパターンから選択】
  • 「バーコード+文字」
  • 「バーコード+リサイクルマーク」
  • 「品質表示」
  • 「表組み」
など様々なレイアウトパターンをご用意していますので、
その中から表示内容に最適のレイアウトを選択するだけでOK!

【オリジナルシールも可能】
「完全データ入稿タイプ」なら、レイアウトや表示内容が自由なオリジナルシールを作成できます。

さらに、1アイテム100枚から承りますので、小ロットのお客様も安心してご発注いただけます。
業界屈指の低価格と小ロット対応にてお客様のニーズにお応えいたしますので、よろしくお願い申し上げます。

  • 「冷凍食品用シリーズ」詳細はコチラ
  • 農林水産省の「品質表示一覧」詳細はコチラ
  • (社)日本冷凍食品協会のホームページはコチラ


ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)