商品引っ越しのお知らせ   楽々リピート、スマホからさくっと印刷ネットドットコム 便利シール屋さん
HOME > まめ知識> GTIN(ジーティン)について
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
GTIN(ジーティン)について

GTIN(ジーティン)(Global Trade Item Numberの略)とは、国際的な流通標準化機関のGS1(本部:ベルギー)により標準化された国際標準の商品識別コードの総称のことです。

商品識別コード
国際標準の商品識別コードと呼ばれているものは、現在広く使われているJAN/EANコードの13桁や8桁(GTIN-13、GTIN-8)、UPCコードの12桁(GTIN-12)、集合包装用商品コード(GTIN-14)の14桁のことを言います。
流通情報の標準化機関であるGS1は、2005年1月より企業間で取引する場合に使用する商品コードについてGTINを使用するように推進をしています。
同年4月、GS1の加盟機関である一般財団法人流通システム開発センター(GS 1 JAPAN)は、日本で円滑にGTIN を導入していくため「GTIN 導入指針」を発表しています。

導入について
GTINを導入していくことになると、上記の8桁、12桁、13桁、14桁など異なる桁数の商品コードの最長の桁数は14桁に揃えることになります。

今までの14桁に満たない商品コードは、読み取りの際に先頭に「0」を付けて14桁にして利用します。(集合包装用商品コード14桁はそのまま14桁で使用します)
また、GS1-128、GS1データバーなどのバーコードシンボルにおいては、アプリケーション識別子としてAI(01)を利用する場合、商品コードは14桁に設定されていますので、そのまま使うことができます。

そして、経済産業省「流通システム標準化事業」では標準EDIとして「流通ビジネスメッセージ標準(略称:流通BMS)」が策定されていますが、ここでも商品コードとしては14桁に揃えたGTINが利用されることになっています。

したがって、各社におかれましては、システムを新しく構築したり、改編したりするときには、商品コードの桁数は14桁に設定することをお薦めします。

なお、今まで使用されているバーコードはそのまま使えますので、入れ替える必要はございません。

参考資料
「GTIN」
(財・流通システム開発センター発行)

  • GTINアロケーションパンフレット(ダウンロード版)はコチラ


ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)