商品引っ越しのお知らせ   楽々リピート、スマホからさくっと印刷ネットドットコム 便利シール屋さん
HOME > バーコードのまめ知識>物流コードについて
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
バーコードのまめ知識
物流コード(ITFコード)について

物流統一シンボル
ITF(Interleaved Two of Five)コードは日本における物流統一シンボルで、ヨーロッパのEAN−DUNや米国のUCC−SCSといった 物流統一シンボルと互換性を持っています。
ITFコードの制定にあたっては、JANコードをそのまま大きくする案とインターリーブド2of5コードの採用が検討されたが、最終的に後者が選択され、1987年(昭和62)に標準物流バーコードシンボルJIS− X−0502としてJIS化されました。
その後、1994年(平成6)、シンボルの最小バー幅や反射率に関する規格が一部変更されました。
ITFコードは、梱包内容の識別に利用されるコードで、JANコードのコード番号の前に1桁(拡張バージョンは2桁)の物流識別コードを付加したものです。

2種類のITFコード
ITFコードには、「ITF−14」と「ITF−16」の2種類があります。
ITF−14は、JANコード番号の前に物流識別コードを1桁加え、全体を14桁にしたもので、これがITFコードの標準バージョンになっています。

ITF14/ITF16 説明画像

ITF-16は、物流識別コードを2桁加え、さらに偶数桁にするため先頭に「0」を付け、全体を16桁にした拡張バージョンです。ITF-16は日本国内でのみ通用する規格ですが、「GTIN」の導入に伴い2010年3月末で利用できなくなるため、それまでにITF-14への切り替えが必要です。
この件については後で詳述します。

下1桁のチェックデジットは、先頭に付加した物流識別コードとJANコードのチェックデジットを除いた12桁の数字で、改めて計算し直します。つまりITFコードは、次のような構造式になっています。

「物流識別コード」+「チェックデジットを除いたJANコード」+「再計算したチェックデジット」

なお、 標準物流コードの企業(メーカー)コードは、 JANコードの企業(メーカー)コードがそのまま使えるので、新たに登録する必要はありません。 さらにITFコードには、梱包内の重量等を表示するためのアドオンバージョンがあります。全体が6桁で構成される「ITF-6」です。
小数点の表示が必要な場合は、3桁目と4桁目の間を小数点とみなすようになっています。
単独で使用することはなく、必ずITF-14かITF-16と組み合わせて使います。
この場合、 ITF-14の物流識別コードの数字は「9」、ITF-16の物流識別コードの数字は「0〜9+9」となります。

寸法特性
ITFコードの基本モジュール幅は1.016mmで、0.25倍の0.254mmから1.2倍 の1.219mmまで縮小拡大が認められています。

シンボルの高さは、モジュールの倍率が0.8倍〜1.0倍では31.8mmとします。
オフセット印刷熱転写プリンターによる印字なら、0.25倍の縮小でもシンボルの精度は維持できますが、段ボールに印字する場合はできれば0.6倍以上は確保するのが望ましいとされています。理論的には大きければ大きいほど精度は向上しますが、あまり大きくするとスキャナーの読み取り範囲を超えて役に立たないため、拡大は最大1.2倍とされました。

表示位置の規定
ITFコードは、物流のスムーズな自動化・システム化のため、段ボールをはじめとする外装への表示位置がJISで規定されています。
ITFコードは段ボールなどに印刷(貼付)し、物流活動での仕分け、保管作業、倉庫での入出荷作業、棚卸作業などにおける商品の確認・識別に使用されます。
従ってITFコードの読み取りを考えると、商品の移動方法や保管方法などに関わらず、外装の一定の位置に表示することが 必要となり、表示位置が決められているのです。

表示する位置は次の通りです。
  • 下辺のベアラバー上端から箱の底辺までの間隔:32±3mm
  • 左右どちらかのベアラバーの端から箱の端までの間隔:19 mm以上

アドオンバージョンを併用する場合は、標準バージョン及び拡張バージョンの右側に表示します。
なお、JISではITFコードの段ボールへの直接印刷は、倍率0.6以上が望ましいとしています。
ITFコードの段ボールへの印刷図
段ボールへの印刷
印刷技術の進歩に伴いカラフルな段ボールケースも増えてきましたが、それでも圧倒的に多いのは従来の茶色の段ボールケースで、 印刷も1色程度でコストを抑えたものが主流です。

JIS規格では段ボールを、「JIS−P−3902に規定したライナとJIS−P−3904に規定した中芯からなり、 澱粉系またはこれと同等以上の接着力を持つものを用いた外装用ダンボール」と規定しています。要するに波状の紙をサンドイッチにし て強度を持たせた梱包材料ということです。段ボールの中芯は凹凸感がありますが、実はこの凹凸が印刷に影響を与えるのです。

簡単に言うと段ボールの印刷は、判子のようにゴム製の版を作ってインキを転写する方法です。版にも段ボールにも凹凸があるため、 小さな文字などの印刷には不向きで、どうしても精度は低くならざるを得ません。オフセット印刷などで 高品質に印刷した用紙を貼り付けるという方法もありますが、コスト面から使用できる商品は限定されます。

段ボールに印刷する際、圧力を強くかけると画線部が潰れますし、かといって弱くするとカスレたりします。バーコードは線の 組み合わせでできており、線と余白部のコントラストがスキャナーでの認識に大きく影響します。つまり線の太さが不安定だと、 バーコードの読み取りに支障をきたすということです。

そこで、比較的安定してバーコードを表示するために考え出されたのが、バーコードを黒枠で囲って圧力がバーコード全体に均一 に掛かるようにする方法です。この黒枠を「ベアラバー」と呼んでいます。さらに、 精度の維持が難しい段ボールにバーコードを表示し、自動的に仕分けられるようにするため、バーコード自体のサイズも大きくなっています。 また、バーコードを表示する位置も厳格に定められています。

ITF−16は2010年3月で利用中止に
集合包装用商品コード(GTIN−14)は、これまで国際EAN協会が14桁を国際標準と定めた上で、 国内用として16桁も認めていたため、わが国の食品・菓子・日用品などの業界団体が中心となって16桁を業界標準として利用していました。
しかし、国際EAN協会は、国際標準の商品コードを全て14桁に統一し、包括したGTINを推進し始めました。 そのため、わが国においても集合包装用商品コードは国際標準へ準拠することが必要となり、2010年3月までに14桁へ切り替えることになっています。

現在使用されているITF-16は、GTINで表記できないので利用中止となります。2010年3月末までにITF-14への切り替えが必要です。

なお、わが国においては、これまで商品(単品)と集合包装の商品アイテムコードの設定は 「JANアイテム一致型」のみと規定されていましたが、国際標準へ準拠するため 「JANアイテム不一致型」についても容認され、 既に2007年(平成19)3月から不一致型のITFコードを表記した一部の商品が流通しています。 GTIN-14とITFシンボルの詳細はコチラをご覧ください。

ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)