重 要 印刷ネットドットコム 便利シール屋さんへ引越しのお知らせ
  •  高まる利便性  カートで様々な商品の同時購入、履歴からの再発注が簡単に、スマホタブレット対応、ポイントシステム導入、Paid(ペイド)後払い決済導入
  •  商品引越し予定  バーコードカテゴリ(9月上旬予定)   引越し完了 ナンバリングカテゴリ、便利シールなど
  •  会員様引継ぎ完了  印刷ネットドットコムでのご注文が可能(ID:メールアドレス/パスワード:現在と同じ(ログイン後変更推奨))
HOME > まめ知識> バーコードの表示位置
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
GTIN(JANコード)再利用停止について

GTIN(JANコード)の再利用を行なっている皆様へ 2019年1月からGTINの再利用に関するルールが変更になりました。


GTINの再利用とは
GTINの再利用とは、ある商品に設定したGTINを、商品の終売(廃番)後、別の商品に設定することをいいます。
これまで、ヘルスケア商品を除き、一般消費財は終売(廃番)後4 年、アパレル・ファッション商品は2 年半を目安に、市場に在庫が残っていないことが確認できれば、GTINの再利用が認められてきました。

GTINの再利用とは

GTINの再利用に関する新しいルール
GS1より方針が示され、GTINの再利用に関する新しいルールにより、2019年1月からはGTINの再利用は認められないこととなりました。
現在、GTINを再利用している事業者におかれましては、社内の運用状況やシステムを確認のうえ、本ルール変更への対応を進めていただくようお願いします。

なお、ルールの変更を決定したGS1も当センターも、GTINの再利用を行っている全ての事業者が対応を完了するには、一定の期間を要することを見込んでいます。 そのため、移行措置として、2018年12月末までに終売(廃番)となった商品のGTINは、1回に限り他の商品に再利用することが認められています。
GTINの再利用とは

新しいルールができた背景
これまで、GTINを再利用するには、「市場に流通在庫が残っていないこと」の確認が条件となっていました。しかし、インターネット販売の拡大など、流通市場が多様化する中で、市場に流通在庫が残っていないことの確認が非常に難しくなってきています。

また、以前と比べて、商品の情報がネット店舗や実店舗、あるいは、データベースなど様々な場所で長く保存される傾向にあり、同じGTINに対し、複数の商品情報が出てきてしまうといった混乱、トラブルも生じる可能性が高まっています。

こうした状況を踏まえて、GTINの再利用は停止されることとなりました。GTINの再利用を行わないことにより、1つのGTINに対応する商品は1つであることが担保され、ブランドオーナーやサプライチェーンの関係者が安心して商品の流通、販売を行うことができるようになります。

GTINの再利用とは


GTIN再利用停止に関するQ&A
  • GTINの再利用ができなくなると聞いたのですが


    GS1より方針が示され、GTINの再利用に関する新しいルールにより、2019年1月からはGTINの再利用は認められないこととなりました。
  • 2019年1月から、GTINを一切再利用してはいけないということですか?


    2018年12月末までに終売(廃番)となった商品のGTINは、1回に限り他の商品に再利用することが認められています。
  • GTINの再利用ができなくなっても、付番エリアが不足することはないですか?


    GS1事業者コードの利用者全体の中では、GTINを再利用している事業者の割合は低く、GTINの再利用が停止されたとしても、当面日本のGS1事業者コードの付番エリアが足りなくなることはありません。さらに、世界的にもGS1事業者コードのキャパシティは余裕があることが確認されています。
  • 現在、GTINを再利用していますが、ルール変更後にGTINを再利用し続けるとどうなりますか。


    ルール変更後の2019年1月以降も、新ルールへの移行措置として、2018年末までに終売(廃番)、再利用待ちになったGTINは1回に限り再利用が認められています。現在、GTINの再利用を行っている全ての事業者が再利用を停止するには、相当の期間を要すると見込んでいますが、2019年以降に商品に設定したGTINの再利用は認められないルールに変わりますので、可能な限り早めの対応をお願いします。

    今回のルール変更に対応せず、従来通りにGTINの再利用を続けていると、将来的には、卸売業や小売業等の得意先から、新しいGTINを設定するように求められる可能性があります。


参照元 流通システム開発センター
ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)