≪モジュラス43≫  
CODE39に用いられる計算方法です。
下記の換算表のように43種類のキャラクタに数値が割り当てられており、全てのキャラクタをそれぞれの数値に置き換えて計算します。
【例】CODE39でデータが「*123ABCD*」の場合
(1) 全てのデータキャラクタを下記の換算表に基づき数値に換算し、その数値を合計します。ただし、スタート・ストップコード(*)は除きます。
1+2+3+10+11+12+13=52
(2) (1)の結果を「43」で割り、その余りを求めます。
52÷43=1余り9
(1)の結果が43以下の場合は、その数値を余りとみなします。
(3) (2)で求めた数値を第2表によりキャラクタに変換します。
「9」のキャラクタは「9」であるので、チェックデジットは「9」となります。
従ってこの場合、バーコードは「*123ABCD9*」となります。

モジュラス43のチェックデジット換算表
文字
数値
文字
数値
   
0
0
F
15
U
30
1
1
G
16
V
31
2
2
H
17
W
32
3
3
I
18
X
33
4
4
J
19
Y
34
5
5
K
20
Z
35
6
6
L
21
-
36
7
7
M
22
37
8
8
N
23
38
9
9
O
24
$
39
A
10
P
25
/
40
B
11
Q
26
+
41
C
12
R
27
%
42
D
13
S
28
E
14
T
29