重 要 印刷ネットドットコム 便利シール屋さんへ引越しのお知らせ
HOME > まめ知識> 医療用医薬品バーコードをつける際の注意点
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
医療用医薬品バーコードをつける際の注意点

概要
平成27年7月以降、製造販売業者から出荷される医薬品には新バーコードが表示されるようになりました。
従来使用されていたJANコードはGS1 Databarに、ITFコードはGS1-128へ移行します。

JANコードからGS1 Databar変更する際に間違いやすいのは調剤包装単位のアイテムコードのつけ間違いです。
販売包装単位や元梱包装単位は以前使っていたJANコードと同じ商品アイテムコードが使えます。

ところが、調剤包装単位は今までバーコードを使っていなかった項目のため、新たに商品アイテムコードを設定する必要があります。
調剤包装単位の商品アイテムコードは販売包装単位などで使っている商品アイテムコードとかぶらない数字を付ける必要があります。



ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)