HOME > バーコードのまめ知識> POSシステムとバーコード
Loading
まめ知識
「バーコードについて」の
まめ知識

「クロスメディアについて」の
まめ知識

「その他」のまめ知識

サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください

バーコードのまめ知識
POSシステムとバーコード
POS(Point of Sales)システムとは「販売時点情報管理システム」のことで、ご存知のようにバーコードはPOSシステムによって普及し広がりました。

日本でJANコードがJIS化されたのは1978年(昭和53)ですが、POSシステムを普及させる前提条件として、 商品メーカーが商品にJANコードをソースマーキングする必要があります。 そして1982年(昭和57)、セブンイレブンがPOSシステムの全店導入を発表したことをきっかけに、日本の小売業はPOS化への道をまっしぐらに進み始めました。

やがて専門店やディスカウントストアなどの耐久消費財を扱う店でもPOS化が始まり、家電製品・医薬品・玩具・雑誌・文具などの耐久消費財にも バーコードの活用が広がりました。さらに建材、電子部品、機械工具、自動車部品などの中間財業界でもバーコードが利用されるようなりました。

通産省(現経済産業省)の定義によると、「POSシステムは、光学式自動読取方式のレジスターにより、単品別に収集した販売情報や仕入れ、 配送などの段階で発生する各種の情報をコンピューターに送り、各部門がそれぞれの目的に応じて有効活用できるような情報に処理・加工し伝送する システム」とされています。

このPOSシステムの利用目的には、主として次のようなものが挙げられます。

  • バーコードは早く正確に読み取れるので、レジでのチェックアウトが迅速・正確にでき、顧客サービスにつながるとともに、正確な販売実績データの集計は店舗の大きな財産となる。
  • 単品別にバーコードを読み取るので、売れ筋商品と売れ行きが悪い死に筋商品を容易に把握することができる。
  • POSシステムの価格データベースを変えるだけで販売価格を変えることができるので、タイムセールなども簡単に行うことができる。 また、レシートに商品名と価格が印刷できるから、商品に価格が表示されていなくても、顧客に安心感を与えることができる。
  • 商品ごとの在庫数がリアルタイムに把握でき、スムーズな発注管理ができる。

スーパーなどにとっては、このPOSシステムで収集した情報をどう活用するかが最大のテーマとされています。 各店舗からの情報に加えて天候や地域特性、過去の販売実績なども考慮し、売れる商品の品揃えに各社しのぎを削っています。 また、顧客に会員カードやポイントカードを発行し、そのカードのバーコードを読み取ることで顧客データを収集し、 DMなどに活用する方法も今ではすっかりお馴染みになりました。

TOPへ 
ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第4号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)

お問い合わせ・お見積り サンプル請求