重 要 印刷ネットドットコム 便利シール屋さんへ引越しのお知らせ
HOME > まめ知識> ダイレクト情報表示
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
ダイレクト情報表示

「QRコード」+「ケータイ」の活用方法
もともとQRコードの用途は、自動車工場や生産現場での部品・製品管理などでした。その後、入出荷管理や販売管理など流通でも使用されるようになりましたが、基本的にはQRコードは産業用途でした。

ところが、2002年にQRコード読み取り機能を搭載した携帯電話(ケータイ)が登場したのをきっかけに、QRコードは販促など一般的用途に爆発的に普及し始めました。
今では、印刷物などに表示されたQRコードをケータイで読み取ることは当たり前となり、B to C(Business to Consumer)分野でのケータイサイト誘導をはじめ、様々な分野で活用されています。

QRコードをケータイのカメラで読み取るだけで、面倒なURLを入力することなくケータイサイトへアクセスできるため、多くの企業などがお客様をケータイサイトへ誘導する手法として、QRコードを競って利用しています。
現在、QRコードの利用方法は、ケータイサイトへの誘導が主流になっていますが、もちろんQRコードの使い方はそれだけではありません。

それが、これから紹介する「ダイレクト情報表示」という利用方法です。


ダイレクト情報表示とは・・・
「ダイレクト情報表示」とは、QRコードをケータイのカメラで読み取り、QRコード内の文字データをケータイの画面上に直接表示するもので、QRコードを利用した立派なクロスメディアです。 ここではQRコードは、名刺、チラシ、広告、ショップカードなど様々な場所から、文字情報を発信するコミュニケーションツールと言えます。

QRコード化する文字データの内容は自由で、任意の文章を入れることができます。

例えば、ケータイには名前・電話番号・メールアドレスなどを登録しておけるアドレス帳(電話帳)登録機能があります。 この機能を利用すればQRコードを読み取って、ワンクリックでデータをアドレス帳に登録することができるので大変便利です。

このほか、目的に合わせて「割引クーポン表示」「お店・事業所の営業案内」「取扱説明」「トレーサビリティ」などの情報表示を行えば、効果的な販促・集客ツールにもなります。

ケータイサイトへ接続しないのでサーバー利用料金は不要ですし、情報閲覧者もパケット料金は発生しません。


「ダイレクト情報表示シール」の活用
ところで、【バーコード屋さん】のQRコードシリーズ「ダイレクト表示QRシール」をご存知ですか? これをご利用になられますと、「ダイレクト情報表示」が簡単・手軽に、しかもどこよりもローコストで実現できます。

お客様はQRコード化される文字情報のテキストデータをご用意いただくだけでOK!
あとは、お客様が入力されたデータ通りのQRコードシールをお作りいたします。

万一、テキストデータがご用意できなくても心配ご無用です。
QRコード化される文字情報をFAXまたはメールで送信していただけば、ご希望に沿ったQRコードシールをお作りいたします。
QRコードを読み取りケータイ画面上に表示したとき、見やすいように1行10文字で改行するなど適切な処理を施し仕上げます。


QRコードの文字数とサイズ
QRコードは、規格では数字で最大7089文字、英数字で4296文字、漢字・カナで1817文字を格納できますが、これだけ膨大な情報をケータイで読み取るのは無理です、 ケータイで読み取り可能なQRコードのバージョン(種類)は、バージョン1(12セル×12セル)〜バージョン10(57セル×57セル)までとされています。(セル/QRコードを構成する最小単位の正方形)

従って、最も利用されることが多い文章の最大文字数は、誤り訂正レベルが「L」(7%)で271文字、訂正レベル「M」(15%)なら213文字となります。

また、QRコードの適切なサイズは、QRコードのバージョンとセルサイズによって決まります。
セルサイズが大きいほど読み取りやすくなる反面、サイズは大きくなるので大きな印字領域が必要になります。
例えば、セルサイズが0.4mmの場合、バージョン1では0.4mm×21セル=8.4mmサイズですが、バージョン10では0.4mm×57セル=22.7mmサイズとなります。

さらに、ケータイで読み取る場合は、それぞれのキャリアの基準に沿ったサイズを考慮する必要があります。 こうしたことから、ケータイでの読み取りを前提とした場合、QRコードの最適なサイズは一般的には10mm〜30mm四方とされています。


文字数別に3サイズのQRコード
「ダイレクト表示QRシール」では、QRコード化するデータ量(文字数)や3キャリア端末(docomo・au・SoftBank)での読み取り対応などを考慮し、QRコードのベストサイズを次の3サイズと決めました。 文字数別に3サイズ揃っていますので、お作りになる文章に合わせて最適のサイズが選択でき、ケータイ画面上にも読みやすいスタイルで表示されます。

  • QR-1(16mm×16mm)
    100文字程度の情報表示に最適
    アドレス帳登録情報/営業案内/再発注案内/生産者情報/備品管理情報・・・など
  • QR-3(24mm×24mm)
    300文字程度の情報表示に最適
    バーゲン情報/イベント案内/新商品紹介/各種教室案内/求人案内・・・など
  • QR-4(34mm×34mm)
    500文字程度の情報表示に最適
    レシピ紹介/製品仕様表示/取付方法説明/観光案内/トレーサビリティ・・・など

また、文字数別に豊富な文例をご用意していますので、文章が苦手な方でも簡単に文章を作成できます。

この「ダイレクト表示QRシール」を活用して、ぜひ「QRコード」+「ケータイ」のクロスメディアをお試しください。

なお、200文字以上になりますと、ケータイの機種によっては読み取りにくくなる場合があります。 文字数が多くなる場合は、専用のQRコードリーダーをご使用ください。

  • 「ダイレクト表示QRシール」詳細はコチラ
  • 「QRコードについて」詳細はコチラ


ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)