商品引っ越しのお知らせ   楽々リピート、スマホからさくっと[印刷ネットドットコムモールに]
試作 ⇒ 印刷ネットドットコム 便利シール屋さん     窓用ステッカー、フロアシール ⇒ 印刷ネットドットコム 便利シール屋さん
HOME > まめ知識> クワイエットゾーンについて
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
クワイエットゾーンについて

クワイエットゾーンとは?
バーコードシンボルの左右にある余白部分で「マージン」とも呼ばれます。
バーコードを読み取る際に必要なバーコードの左右の空白部分で、 クワイエットゾーンの中に別の絵などが入る、もしくは十分な余白がなければ、読みづらい、もしくは読めなくなります。


JANコードの場合
一般的なバーコードであるJANコードの場合はきっちりと決まっています。
モジュール幅に対して左×11倍以上、右7倍以上となっており、必要なクワイエットゾーンは左右非対称で、左の方が開いている必要があります。

JAN 倍率100%の場合
  • モジュール幅 0.33mm
  • クワイエットゾーン左(0.33×11 以上)3.63mm 以上
  • 右(0.33×7 以上)2.31mm以上

JAN 倍率100%の場合の図



JAN 倍率80%の場合
  • モジュール幅 0.264mm
  • クワイエットゾーン左(0.264×11 以上)2.9mm 以上
  • 右(0.264×7 以上)1.85mm以上

JAN 倍率80%の場合の図


モジュール幅とは寸法の基本となる1本の線の幅です。



NW-7やCODE39の場合
管理などで使われるバーコードであるNW-7やCODE39やCODE128は
最低2.54mm以上、かつ最も細いバーの幅の10倍以上
スペースとされています。
なお、必要なクワイエットゾーンは左右対称です。

NW7 細エレメント0.254 の場合
  • クワイエットゾーン0.254×10=2.54mm以上

NW7の場合の図



CODE39 細エレメント0.3の場合
  • クワイエットゾーン0.3×10=3mm以上

CODE39の場合の図


QRコードの場合

モジュールサイズ0.33〜0.5セルについて
0.5だと一片0.5×4=2mm、同じように0.33だと一片1.32mmが推奨のクワイエットゾーンになります。
なおJANコードのような規定はありません。

QRコードの場合の図


ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)