重 要 印刷ネットドットコム 便利シール屋さんへ引越しのお知らせ
  •  高まる利便性  カートで様々な商品の同時購入、履歴からの再発注が簡単に、スマホタブレット対応、ポイントシステム導入、Paid(ペイド)後払い決済導入
  •  商品引越し  ナンバリングカテゴリ(8月上旬予定) バーコードカテゴリ(9月上旬予定)
HOME > まめ知識> シリアルナンバーについて
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
シリアルナンバーについて

製品固有の製造番号
シリアルナンバー(serial number)は、大量生産される製品(家電製品/自動車/カメラなど)に対して一律に付加される「通し番号」で、「シリアル番号」あるいは「製造番号」と呼ぶこともあります。

製品ごとに固有の番号が割り当てられており、原則として同一品種であれば同じシリアルナンバーを所有する製品は存在しません。
このことから、メーカーによる所有者の管理や商品の偽造防止に使用されるほか、事件や事故などの不具合が発生した場合の追跡調査や、中古販売における管理・盗品チェックなどに用いられることもあります。

シリアルナンバーは通常、負の値はとらず「1」または「0」から始まります。


品質管理に最適
シリアルナンバーを付ける目的のひとつは、メーカー側の品質管理面からの必要性によるものです。 ある期間に製造した製品に致命的な欠陥が見つかった際に、シリアルナンバーによって何番目から何番目までが欠陥商品群かを、迅速に把握する目的で付与されるのです。

その代表的な例としては、車や家電製品などの「リコール」が挙げられます。
リコールに対して現在は、1995年7月に施行されたPL法(製造物責任法)によって対応しなければならないため、ほとんどの製品にシリアルナンバーが付番されています。

また、シリアルナンバーは実際の修理の場面でも利用されます。
故障の内容や原因によって修理箇所や修理方法などが異なる場合、修理マニュアルにおいて「何番から何番までは修理方法A」「何番から何番までは修理方法B」というように、シリアルナンバーに分けて管理するのです。


偽造や盗難にも有効
シリアルナンバーは偽造や盗難に対しても有効で、偽造品や盗難品の発見を容易にします。

わが国のように紙幣にユニークなシリアルナンバーが付与されている国もあり、シリアルナンバーは偽札の追跡にも活用されています。

余談になりますが、日本の紙幣に記されているシリアルナンバーは「記番号」と呼ばれ、紙幣の表面2か所に入っています。 記番号は英字と数字の組み合わせで、先頭が英字1〜2桁、中間が数字6桁(000001〜900000)、末尾が英字1桁となっています。

このほか、雑誌などの定期刊行物にはISSN(International Standard Serial Number=国際標準逐次刊行物番号)、通常の書籍にはISBN(International Standard Book Number=国際標準図書番号)がそれぞれ付与されています。


コンピューター分野のシリアルナンバー
コンピューターのソフトウエアやハードウエアに付されている固有の番号もシリアルナンバーで、この場合は「CDキー」とか「プロダクトナンバー」などと呼ぶこともあります。

コンピューターの分野でのシリアルナンバーは、メーカー側での登録ユーザー管理やソフトウエアの違法コピー防止のために用いられるのが一般的です。

ソフトウエアのインストール時やインターネットなどでユーザー登録する際、ユーザーにシリアルナンバーの入力を求めるものが多く、適切な番号が入力されなければインストールやユーザー登録ができないようになっています。
またその場合、盗用に備えてシリアルナンバーの一部が暗号化(チェックサム・アクティベートなど)されているものもあります。

ソフトウェアの所有者は、そのシリアルナンバーでユーザー登録することが、正規ユーザーの証明(アクティベーション)になります。
あるいは、インストールの途中でシリアルナンバーを入力することが、違法コピーを防ぐためのコピープロテクトにもなっています。

コンピューター関係のシリアルナンバーは、ある規則で数字や英字が並んでいるものが多いため、入力する際は次のような間違いに注意しましょう。

  • 数字の「0(ゼロ)」と英字の「O(オー)」
  • 数字の「1(イチ)」と英字の「I(アイ)」
  • 数字の「8(ハチ)」と英字の「B(ビー)」

当然、間違って入力すると次の操作へ進めなくなります。

  • 「バリアブルシリーズ」 詳細はコチラ
  • 「シリアルナンバーシール」はコチラ
  • 「短期格安シリアルナンバーシール」はコチラ
  • 「色分け管理用シリアルナンバーシール」はコチラ


ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)