商品引っ越しのお知らせ   楽々リピート、スマホからさくっと印刷ネットドットコム 便利シール屋さん
HOME > バーコードのまめ知識> バーコードについて
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
バーコードのまめ知識
バーコードについて

バーコードとは
バーコード(Bar Code)についてAIMI(国際自動認識協会)では、 「情報を幅が変化する平行かつ長方形のバーとスペースの配列にコード化する自動認識技術」と定義しています。
簡単に言うと、太さの異なるバーとスペースを組み合わせて文字を作ったものがバーコードで、 これをバーコードスキャナーと呼ばれる光学認識装置を使って読み取ります。 バーコードは1970年代に誕生し、今では流通・物流分野をはじめとする様々な領域で使用されています。

バーコードの構成
バーコードは下図のように「左のクワイエットゾーン」 「スタートキャラクタ」「データキャラクタ」「チェックデジット」「ストップキャラクタ」「右のクワイエットゾーン」 で構成されています。


  • クワイエットゾーン
    バーコードシンボルの左右にある余白部分で「マージン」とも呼ばれます。 最も細いバーの幅の10倍以上のスペースを必要とします。
  • スタート/ストップキャラクタ
    データの始まりと終わりを示す部分。バーコードの種類によって異なり、「NW−7」では「a〜d」、 「CODE39」では「*」です。「JAN」 「ITF」の場合は文字ではなく、スタート/ストップを表すバーパターンがあります。
  • データキャラクタ
    実際のデータを示す部分で、数字やアルファベットなどのバーパターンが左側から並んでいます。 上図の場合、「0」「1」「2」の文字を表すバーパターンを左から順に並べることで、「012」というデータを表しています。
  • チェックデジット
    データの正確性を保つために特殊な計算式で算出された数値で、データキャラクタの直後に付加されます。


ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)