HOME > まめ知識> 洗濯表示マークの変更(2016年12月1日より国内外で統一)
▼ まめ知識
共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
洗濯表示マークの変更 (2016年12月1日より国内外で統一)

JISから新JISへ変更されました
2016年12月1日からJISとISOの統合が図られ、JISのマークは新しいJIS L 0001(以下「新JIS」へと変更されました。

経緯としては従来の洗濯表示に関する国際規格(ISO3758)は、日本独自の洗濯習慣に合ったものではなく、現在の洗濯表示を定めたJIS L 0217(以下「現行JIS」という。)は日本独自のものとなっていました。
そのため、海外から輸入した繊維製品は、ISO(国際標準化機構)規格の取り扱い表示となっており、国内で販売する場合、日本の現行JISの表示に付け替える必要がありました。

2016年12月からは国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取り扱いの絵表示を変更する必要がなくなりました。

新JISでは、記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになりました。
市場には17年春夏物から順次登場し、一定の併用期間を経た後、全面的に刷新される見通しになります。
また、施行日前に現行JISの表示を行った製品は、施行日以降もそのままの表示で問題ありません。

クイズで勉強! 新洗濯表示マーク
新マークを楽しみながらお勉強
41種のマークからランダムに10種の問題を出題
繰り返して完璧にしましょう!



洗濯表示マークの表示順
洗濯表示を実際に表示する際の順番は
洗濯漂白タンブル乾燥自然乾燥アイロン仕上げクリーニング
の順に左から右に表示してください。

品質表示シール 繊維製品用

  品質表示シール 繊維製品用
  セミオーダーで簡単に注文できる品質表示シールは
  新洗濯表示マークに対応しています


日本のJIS規格(2016年11月まで)と2016年12月新JIS規格の比較


ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)