重 要 印刷ネットドットコム 便利シール屋さんへ引越しのお知らせ
HOME > メールマガジン 2010年分バックナンバー リスト> バックナンバー 10号(2010年01月06日)
メールマガジン

共通ブランドタグ パック
多アイテムパック
サンプル請求
オリジナル印刷例
バーコードをサイズや文字数・形状などから選ぶ
用途で選ぶ

今月の営業日カレンダー
カレンダーの赤字の日は休業と
させていただきます。
年間営業日カレンダーについては
コチラをご覧ください


インバウンド印刷屋さん
メールマガジン
バックナンバー 10号(2010年01月06日)

■バーコード屋さん通信■
2010年 GS1もおまかせください!
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 <知って得する!>
  バーコード屋さん通信 <第10号 2010年1月6日配信>
           バーコード屋さん :  http://www.barcode-net.com
             明光舎印刷所 :  http://www.meikohsha.co.jp
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
 このメールはバーコード屋さんからお客様向けに サイト商品の詳細情報、
 サイトの新機能追加情報、知って得するバーコード情報を中心に、お届け
 するメール通信です。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  目次
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 1 バーコード屋さん、シリーズ追加予定のお知らせ
 2 オリジナルシールの制作実績
 3 バーコードマスターへの道
 4 メンテナンス情報
 5 編集部のつぶやき
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 1 バーコード屋さん、シリーズ追加予定のお知らせ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 『 今年話題の GS1データバー ってできますか? 』
 はい、ご用意できます!
 GS1は医薬品や入庫検品などにすでに利用されているバーコードで、
 今年1月から一般消費財の標準シンボルとして使用可能となりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 『 GS1 DataBar シリーズ 』 
    http://www.barcode-net.com/products/gs1/index.html 
 2010年春に正式オープンの予定ですが、今からでもご案内は可能です!
 詳しくはご相談窓口へご相談くださいませ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 ◆  GS1 DataBarが標準シンボルになる理由
 ◎ 現在広く使用されているバーコードの桁数が各々異なっています。
     JANコード(13桁・GTIN-13)
     短縮JANコード( 8桁・GTIN-8)
     UPCコード(12桁・GTIN-12)
     ITFコード(14桁)
   
   これらのなかで一番桁数の多い14桁になるようPOS側で先頭に0を付加する
   ことによって、今後の業種間・取引間のシステム構築の負荷軽減を計ろうと
   いうものです。
   (ITF-16が2010年4月からは使えなくなるのも同様の理由からです)
 ◎ また今後各社で設定される商品コード等の桁数も、14桁にされることを
    推奨されています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 ◆ GS1に替わったら…
 
 ◎ 情報量が格段に多いことから
    → 医薬品や入庫検品などにすでに利用されているバーコード(GS1-128)
    → 精肉や魚介類など様々なものに情報付加が可能
      (内容量、価格、製造月日やロット番号、連番、重量等多数)
 ◎ クワイエットゾーンが不要なので省スペースで表示できることから
    → 精密部品の商品管理や文具・化粧品などの小型商品には最適
    → シールが大きくて貼り付けに問題があった青果などの曲面へも導入可能
 ◎ 海外でもそのまま使える
    → 輸出業者様には朗報です
  などの優れた特性を持っております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ◆ これからのシンボルです!
 GS1は 『 GS1に対応した 』 読み取り端末が各店舗に導入されてくると、
 今後のトレンドとなりうるシンボルだと、バーコード屋さんでは考えております。
 導入をご検討されているお客様、関連業者様も GS1のご質問やお問合せが
 ありましたら、ぜひ バーコード屋さん までご一報くださいませ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 【今までのバーコードは継続して使用可能です】
 これからもお客様のバーコード(GTIN-13・GTIN-12・GTIN-8等)は、GS1が普及
 しても、バーコード読み取り時にPOS側で0を付加して14桁として読み替えてくれ
 るようなシステムで運用される予定です。
 お客様側では何ら変更を加えず、従来のバーコードを継続して使用可能です。
 ご安心ください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 2 オリジナルシールの制作実績を追加しました!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 『冷凍用シール』も ぜひバーコード屋さんにご相談ください!
 *低温条件下でのシールは、のり質・紙質に特にご注意ください。
 バーコード屋さんオススメの『冷凍用シール』は、
  ・ のり質は 低温でもはがれにくい特徴を持つ冷凍用糊
  ・ 紙質は 水に強い合成紙
 を採用しておりますので、安心してお使いいただけます。
 冷凍用シールの説明ページはこちら
   http://www.barcode-net.com/first/original-seal_11.html
 また冷凍用シリーズの商品も100枚からご発注いただけるようになりましたので
 ぜひお気軽にご利用くださいませ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 <まずはご相談ください!>
 シールのご使用時の諸条件等により剥がれやすくなることもありますので、
 『冷凍用シール』をご検討の際はぜひ一度、担当窓口に相談くださいませ。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 3 バーコードマスターへの道
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■GS1データバーの標準化 いよいよ2010年1月スタート
◆一般消費財用の新しい標準シンボル
2010年1月から、従来のEAN(JAN)シンボルに加えてGS1データバーが、一般消費財分野の新しい標準バーコードシンボルとして利用できるようになりました。業界や商品を問わずオープンに利用できるシンボルの登場は、JANシンボル・ITFシンボル以来のことです。
GS1データバーは、GS1(旧国際EAN協会/Global Standard 1=ジー・エス・ワン)の標準バーコードシンボルの中で最も新しい1次元シンボルで、EAN(JAN)やUPCシンボルに比べて、同じ量のデータをより少ないスペースで表示できるのが特徴です。
また、シンボルによってはアプリケーション識別子(AI/Application Identifier)を用いて、GTIN(国際商品識別コード/Global Trade Item Number=ジティン)以外に製造年月日、有効期限、ロット
番号などの商品属性情報を追加表示できるのも大きな特徴です。
GS1データバーは、1990年代半ばに当時の北米のコード機関UCC(現・GS1US)の主導で開発を開始。99年に仕様が確定し、一部のシンボルは2001年にはヘルスケア分野におけるGS1標準シンボルとなっています。
開発当初からRSS(Reduced Space Symbology=省スペースシンボル)と呼ばれていましたが、07年2月から現在のGS1データバーに改称されました。
◆4種類のシンボルが標準化
GS1データバーの標準化は、06年5月のGS1理事会で承認されました。今回、標準シンボルとして認められたのは3系統7種類あるシンボルのうち、小売業で利用されている定置式POSスキャナー(全方向読取スキャナー)でも読み取り可能な次の2系統4種類のシンボルです。
*GS1データバーオムニディレクショナル(標準型)
*GS1データバースタック・オムニディレクショナル(標準2層型)
*GS1データバーエクスパンデッド(拡張型)
*GS1データバーエクスパンデッド・スタック(拡張多層型)
いずれもGTINの14桁を表現することができ、エクスパンデッド系はAIを使って複数の商品属性情報を追加表示することもできます。
GS1データバーの標準化によって、これまでマーキンができなかった小物商品や、曲面のあるバラ売り青果物のようにマーキングが難しかった商品への利用が見込まれます。
さらに、食の安心・安全に関心が高まるなか、AIを利用して生産情報や消費・賞味期限を表示することにより、品質管理やトレーサビリティ(生産履歴追跡)などへの利用も期待されています。
◆JANシンボルは引き続き使用可能
GS1データバーの標準化で注意することは、全ての商品のバーコード表示がGS1データ化するのではないということです。GS1データバーが標準化された後も、EAN(JAN )シンボルは従来通り使用できます。
GS1データバーは、EAN(JAN)やUPCシンボルに取って代わるのではなく、バーコード表示の省スペース化や商品の属性情報などを表示するのに適したシンボルとして、従来のEAN(JAN)シンボルとは補完関係にあります。
表示スペースがEAN(JAN)シンボルで十分取れる場合や、商品識別コード以外の詳細情報を追加する必要がない場合は、現在の表示をGS1データバーに切り替える必要はありません。

▼「GS1データバーについて」詳細は ↓
http://www.barcode-net.com/chisiki/gs1.html
▼(財)流通システム開発センターのホームページもご参照ください。 ↓
http://www.dsri.jp/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 4 メンテナンス情報
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◆定期メンテナンスの予定
 2010年 1月16日(土)9:00〜18:00
 2010年 2月13日(土)9:00〜18:00
 上記時間内はつながりにくくなる可能性があります。
 また上記以外に緊急メンテナンスを予告なく行う事があります。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 5 編集部のつぶやき
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 < 寅年 >
 あけましておめでとうございます。
 旧年中は格別のご高配を戴き、誠にありがとうございました。
 本年も倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 今年の干支、寅の格言は 「寅、千里を走る」のだとか。
 
 虎は千里を行って戻ってくるほどの、優れた行動力を持っていることの
 たとえから出たコトバのようですね。
 弊社も年初のミーティングを先ほど終えまして、
 ・ あらゆるコードに対応する専門力
 ・ 小ロット・短納期を実現する現場力
 ・ お客様に信頼される顧客サービス力
 の「3つの力」の充実に向けて、今年は取り組むということになりました。
 寅にあやかって、走って!走って!ゆきたいと思います。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 *バーコード屋さん通信のこれまでのバックナンバーをご覧いただけるように
   なりました。
     http://www.barcode-net.com/mailmaga/index.html
**********************************************************************


TOPへ 
ご発注方法
WEB入稿はコチラ
データ入稿について
チェックデジット計算機
バーコード読み取りチェックシート
各種割引サービス
キャンペーン
データ登録無料サービス
商品の検査体制
メールマガジン
第6号カタログについて
twitter(ツイッター)
facebook(フェイスブック)